--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.12.02.20:05
殻付き広島生かき

IMG_1834-s.jpg

広島のAさんから、「殻付き広島生かき」をいただきました。

 

・クニヒロ株式会社 広島県尾道市東尾道

 

Aさんは、娘1の夫(私にとっては義理の息子)のおかあさんです。いつも珍しいものを送って下さいます。
ちょうど夕食直前に宅配便でとどきましたので、さっそくいただくことにします。

我が家は全員かきには目がありません。今日はかきの暴れ食いができます。半分は焼きガキで半分は酒蒸しにしました。でも、家族3人ではとてもたべきれません。少し残りましたので、身だけにして保存、これは後日、かきフライにすることにしました。

 

広島ではかきの養殖は450年の歴史があるそうです。最近は3倍体のかきの養殖もあり、この方法によるとRのない月(MAY、JUNE、JULY、AUGUST)でも安心して食べられるとか。
そうか3倍体だと、産卵はできないので、ふつうのかきが産卵するRのない月でも美味しく食べられるということですね。このかきの3倍体はどんな方法で作るのでしょう。種なしスイカと同じようにいったん4倍体をつくのかなあ。ちょっと調べてみましょう。

スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://candora.blog81.fc2.com/tb.php/239-2f11fd9a