FC2ブログ
--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.17.19:03
鯛之濱焼

IMG_1213-s.jpg

広島県にいる親戚のAさんから、鯛之濱焼(桜鯛の浜焼)をいただきました。

 

・広島県福山市鞆町 株式会社 阿藻珍味

 

Aお母さん、いつも心遣いをありがとうございます。
桜鯛と塩は瀬戸内海の名物、この2つを使った製品です。昔、製塩業の人たちが取れたての桜鯛を塩竈から取り出した熱い塩で蒸す焼きにしたのがはじまりだそうです。
竹の皮でできた笠のようなものは、伝八笠(でんぱちがさ)といって、昔の雨具です。製塩業で働く人たちが、この伝八笠に浜焼きを包んで持って帰ったとか。今では、浜焼きを包むために専用に作られていると聞いています。

 

桜鯛1匹がそのまま入っています。頭の部分は出汁取り用で、背はそのままマヨネーズやわさび醤油で、腹は塩味がきいているので、お茶漬けで食べると美味しいと栞にかいてありました。何かお祝いごとで食べるのが一番でしょう。


スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://candora.blog81.fc2.com/tb.php/190-63d22213